6月23日は沖縄の特別な日<慰霊の日>

スポンサーリンク

本日6月23日は沖縄県では「慰霊の日」としてとても特別な日とされています。

1945年の6月23日は沖縄戦の組織的戦闘が終結された日です。

沖縄戦では20万人もの人々の命、文化的価値のある遺産をたくさん失いました。

各地で祈りが捧げられます

6月23日は、糸満市摩文仁の平和祈念公園で「沖縄全戦没者追悼式」が行われ正午に黙祷されます。

また、平和祈念公園以外でも沖縄県各地で同日正午には黙祷が捧げられ、追悼の意と恒久平和が祈られます。

6月23日は慰霊の日として、毎年沖縄県では公的機関・学校は休日扱いとされています。

なぜ6月23日?

1945年4月1日。アメリカ軍の沖縄上陸によって本格的に始まった沖縄戦。

日本軍司令官の自決により組織的戦闘が終わったとされています。その自決された日が6月23日です。

しかし司令官の自決を知らずに各地で翌日以降も戦闘が続いたといわれています。

忘れてはならない、戦争の恐ろしさ

私たち本土に住む人間にはまだまだ浸透しきっていない6月23日。

同じ日本に住むものとして、尊い命がたくさん奪われた事に対し追悼します。

戦争の恐ろしさを次世代にも風化させず、命の尊さ・平和であることの大切さを受け継いでいかねばなりません。

この記事を書いたひと

沖縄への愛が原動力
好きなものは、カメラ/歴史/空港/飛行機
好きなことをブログに綴っていきます。

アイオをフォローする
沖縄
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイオをフォローする
スポンサーリンク
aiueokinawa
タイトルとURLをコピーしました