8月の沖縄本島へ貧乏旅行・2泊3日でかかった費用

スポンサーリンク

初めての沖縄旅行。

飛行機にホテル、それから必要であればレンタカーも手配しないといけません。

航空会社やホテル、レンタカーもさまざまな会社や金額・クオリティのものがあります。旅行会社で予約するのか、または自分で手配をするのか、選択肢がたくさんあって迷っちゃいますよね。

抑えられるところは抑えたい!

実際に私が8月にひとりで沖縄本島に旅行した際、かかった費用をご紹介します。

スポンサーリンク

手配方法

旅行会社にも頼まず、パッケージプランも利用せず、飛行機・ホテルをそれぞれ個別で手配しました。

ちなみにお盆明け木曜日出発、土曜日帰着の日程です。

※金額はおおよその数字です。

かかった費用

自宅から空港への交通費 3,000円

自宅から空港まで距離があります。リムジンバスも走っていますが節約のため、時間と乗り換えなど手間はかかりますが在来線で移動。

往復で3000円。

飛行機 40,000円

Jetstarを利用。お盆明けとはいえ、帰省客や観光客が多く夏真っ盛りのハイシーズン。

荷物はリュック1つで機内持ち込みのみ。オプションはつけていません

LCCでもこの価格でした。往復で40,000円。

宿泊費 4,000円

1部屋に2段ベッドがずらりと並ぶドミトリータイプの宿にしました。

食事なしで1泊2,000円×2泊で合計4,000円。

食費 6,000円

地元の食堂やステーキなど、沖縄ならではの食事を楽しみました。

オリオンビールは毎日ジョッキでいただきました(笑)

途中のカフェでのコーヒー代など含んで1日平均2,000円×3日で合計6,000円

その他、観光でつかったお金 5,500円

レンタカーを借りずに、ゆいレールと路線バスで移動をしていました。

ゆいレール 1,000円

路線バス 2,000円

高速船(久高島行) 1,500円

お土産代 1,000円

合計 58,500円

まとめ

旅行に行く前の計画として、なんとなく全部込み込み5万円以内で抑えたいなとは思っていましたが、約1万円ほどオーバーしてしまいました。

「できるだけ節約しつつも、グルメやその場でしか見れない景色にはお金を出そう」というスタンスの旅行の結果です。

また、今回の沖縄は夏真っ盛りで想像以上に暑いです。冷たい飲み物を買う頻度が高くなってしまいました。無理せず喉が渇いたら水分補給!歩くのに疲れたら公共交通機関の利用を!

飛行機の値段は、シーズンや週末/平日によって金額の変動が激しいので、少しずらすだけでもだいぶ費用を抑えられます。

宿泊場所も、1泊1,000円のゲストハウスや連泊すると安くなるところもあります。他人と同じ部屋で眠ることに抵抗なければ、宿泊費もまだまだ抑えられます。

食費は、今回はお酒やステーキなど沖縄グルメを堪能してこの金額です。人によってはまだまだ抑えられます。

真夏の沖縄旅行を考えている方の参考になれば幸いです。

では。

この記事を書いたひと

沖縄への愛が原動力
好きなものは、カメラ/歴史/空港/飛行機
好きなことをブログに綴っていきます。

アイオをフォローする
沖縄
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイオをフォローする
スポンサーリンク
aiueokinawa
タイトルとURLをコピーしました