入島料300円で竹富島を守る

スポンサーリンク

石垣島から船で15分。赤瓦の集落に星砂が敷き詰められたビーチ。「素敵」が詰まった島・竹富島。

日本国内のみならず海外からも多くの観光客が訪れる大変人気の離島です。

そんな竹富島で入島料制度が導入されます。

沖縄の人気観光地が入島料300円 竹富島、全国初9月から 土地買い戻す資金に | 沖縄タイムス+プラス ニュース | 沖縄タイムス+プラス
 沖縄県の竹富町(西大舛高旬町長)は来月1日から、地域自然資産法に基づき、竹富島を訪れる観光客らに任意で「入域(島)料」として1人当たり300円を徴収する。

入島料について

来月2019年9月1日よりスタートします。1人あたり300円。

石垣港離島ターミナルと竹富港ターミナルに設置される券売機にて入島料の支払いができます。

こちらの入島料は任意で、確認作業も特になされないようです。

入島料の目的

徴収された入島料は、竹富島の環境保全や開発業者などに渡った土地の買い戻しにあてられます。

赤瓦の民家が集まる集落や、青い海と白い星砂によって形成された広いビーチ。これらの美しい自然・景観をタダで存続していくことはできません。

そして、竹富島の海沿いをレンタサイクルで走ったりなんかすると目にする「リゾートホテル開発反対」の看板。綺麗なオーシャンビューを眺められるホテルにはぜひ宿泊してみたいと思いますが、そのためにはビーチなど貴重な自然を削る必要がありますね。であれば、ぜひともに土地を買い戻して自然を多く楽しみたいなと私は思います。

私は入島料を払う

入島料は任意ではありますが、竹富島がこれからも長く素敵な島として存在してほしい。そのために少しでも力になれるのであれば、ぜひ協力したいと思います。

この記事を書いたひと

沖縄への愛が原動力
好きなものは、カメラ/歴史/空港/飛行機
好きなことをブログに綴っていきます。

アイオをフォローする
沖縄
スポンサーリンク
スポンサーリンク
アイオをフォローする
スポンサーリンク
aiueokinawa
タイトルとURLをコピーしました